Top >  介護福祉士 >  介護福祉士とは

スポンサードリンク

介護福祉士とは

介護福祉士の活動場所としては、社会福祉施設があげられる。要介護者の自宅に通って援助する訪問介護員(ホームヘルパー)にも介護福祉士資格は有用である。社会福祉士がソーシャルワーカーという英語名でも呼ばれるように、介護福祉士についてもケアワーカーという呼び方をする場合もある。介護福祉学会も誕生し、介護福祉学といった専門分野もその産声を上げた。 いま、人気のある資格ですが、知識だけではなく、体力も必要な仕事なので、その職業につくなら体力をつけ、古武術などをならって人間の身体の構造を分かっておくといいでしょう。古武術を習っておくと、相手の力を使いお年寄りの身体を楽に動かすことが出来ます。自分だけの力で動かそうとし腰や手首を傷める方が沢山いますからね。





スポンサードリンク

 <  前の記事 痴呆2  |  トップページ  |  次の記事 介護福祉士と資格  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18536

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • ケアマネジャー
  • ケアマネジャーとは、介護支援専門員です。
    介護を必...

  • 介護保険制度
  • 利用者が介護を要する状態であることを公的に認定(要介護...

  • 床ずれ防止2
  • 他にもいくつかありますが基本的には同じ姿勢を長時間とら...

  • 床ずれ防止1
  • 床ずれを作らないためには、同じ姿勢を長く続けないことか...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「介護ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。