Top >  介護保険 >  介護保険制度

スポンサードリンク

介護保険制度

利用者が介護を要する状態であることを公的に認定(要介護認定)される必要がある。医療機関を受診した時点でを医師が判定できる健康保険制度と対照的である。(市町村および特別区、広域連合、一部事務組合)によって行われ、要支援~要介護5の6段階に分けられる(平成18年4月施行の改正法により要介護1相当が要介護1と要支援2に区分された。結果として、要支援1、2、要介護1~5の7つの段階となった。法律上、要支援認定と要介護認定は区別され、要支援の場合、利用できる介護サービスが限定される)。
これをもとに、どのような居宅介護サービスを組み合わせて利用するかコーディネイトするのが介護支援専門員である。
介護(在宅介護・居宅介護)を促す意図があった。
実際には介護サービスがあっても、介護職員の不足や資金不足から利用者に応じたサービス提供は難しく、自宅介護は困難なことが多い。





スポンサードリンク

 <  前の記事 床ずれ防止2  |  トップページ  |  次の記事 ケアマネジャー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18545

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • ケアマネジャー
  • ケアマネジャーとは、介護支援専門員です。
    介護を必...

  • 介護保険制度
  • 利用者が介護を要する状態であることを公的に認定(要介護...

  • 床ずれ防止2
  • 他にもいくつかありますが基本的には同じ姿勢を長時間とら...

  • 床ずれ防止1
  • 床ずれを作らないためには、同じ姿勢を長く続けないことか...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「介護ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。