Top >  介護用品 >  床ずれ防止1

スポンサードリンク

床ずれ防止1

床ずれを作らないためには、同じ姿勢を長く続けないことか大切なのはいうまでもありませんね。
床ずれの原因は血行不良ですがどういったことかといいますと、身体の同じ部分が圧迫され続けると、その部分の血行が悪くなります。
床ずれはこういったことからできてしまうのですが、初期症状は、腫れたり赤くなったりする程度です。
しかしそのまま放置すると場合によっては皮膚に潰瘍ができたり、その潰瘍が筋肉や骨まで達することもあり外科的な処置を医師にしてもらうしか方法がないということにもなりかねませんので注意しましょう。
床ずれを作らないように寝たきりにせす、生活にめりはりをつけることがなによりも重要ですが他にもいくつか床ずれをつくらないようにするポイントを紹介します。
・シーツ交換の時に、シーツにしわを作らないようにしましょう。
・敷布団のシーツは、のりをきかせないほうがよいです。
・自分で寝返りかできないお年寄りには、介護の人と協力をしながら体位変換をしましょう。





スポンサードリンク

 <  前の記事 介護用品  |  トップページ  |  次の記事 床ずれ防止2  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18543

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • ケアマネジャー
  • ケアマネジャーとは、介護支援専門員です。
    介護を必...

  • 介護保険制度
  • 利用者が介護を要する状態であることを公的に認定(要介護...

  • 床ずれ防止2
  • 他にもいくつかありますが基本的には同じ姿勢を長時間とら...

  • 床ずれ防止1
  • 床ずれを作らないためには、同じ姿勢を長く続けないことか...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「介護ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。