Top >  介護 >  痴呆1

スポンサードリンク

痴呆1

介護と痴呆は切り離せない問題です。家庭での痴呆の介護はがんばり過ぎないことです。がんばり過ぎて、貴方が倒れたら大変です。ショートステイ(老人を1週間ぐらい預かってもらう)やデイサービスなどのサービスを使って手抜きをして下さい。ディサービスでは施設で食事などの世話のほかに手や足を動かしみんなでボールを投げるゲームなどをして、身体を動かす事もしてくれます。それにより、良い刺激が脳に伝わり表情があまり変わらない方が笑ったりし、いい刺激になります。なるべく、脳に刺激を与え脳の老化を遅らせることが大切です。手、足、指を動かすことによって脳に刺激を与えましょう。子供の頃にやった塗り絵もよい刺激となります。






スポンサードリンク

 <  前の記事 お風呂2  |  トップページ  |  次の記事 痴呆2  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/18534

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • ケアマネジャー
  • ケアマネジャーとは、介護支援専門員です。
    介護を必...

  • 介護保険制度
  • 利用者が介護を要する状態であることを公的に認定(要介護...

  • 床ずれ防止2
  • 他にもいくつかありますが基本的には同じ姿勢を長時間とら...

  • 床ずれ防止1
  • 床ずれを作らないためには、同じ姿勢を長く続けないことか...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「介護ってたいへん(ーー;」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。